• HOMEへ戻る
  • サイトマップを開く
  • 各種お問い合せ|メール|TEL|FAX
障害を持つお子さんの幼児期
  • HOME
  • 幼児期の子育てでお困りの方

ご説明

子どもが何らかの発達上の苦手さを抱えたとき、親はとても戸惑います。また、発達上の遅れが見られる時も、大変不安になったり子育ての見通しがもてなくなりがちです。しかし、これら発達上の課題のある子ども達は周りの人たちの理解と支えがあれば、元気に成長していきます。言い換えれば「周囲の理解」や「適切な配慮」が最も大切だということです。子どもに「頑張らせる」ことより、幼い時から周囲の一貫した支援こそが最も必要なことです。

関連事業所のご紹介

事業所名 事業所説明
はーと 発達障害が見受けられる幼児や学齢期の子どもたちが、次のステージで自分らしく有意義な生活が送れるよう生活の中から発達を支援する通過施設です。 入所機能と合わせて在宅生活を送られている子どもたちの日中一時支援やショートステイも行っています。
のーまらいふ暖 特定相談支援事業所として、利用者や家族と面談し、利用者の心身の状況、おかれている環境等を把握したうえで、障害福祉サービス及びその他の必要な保健医療サービス、福祉サービスが、総合的かつ効率的に提供されるように配慮した上で、サービス利用計画を作成します。
どれみ 障害児療育を中心に事業を行っており、療育は個別児童・幼児の評価に基づき、療育目標、個別支援計画を設定し、障害特性に配慮した発達支援に取り組んでいます。
ゆぅら 発達の偏りや遅れがみられる子どもに対して、遊びを通し運動やコミュニケーションを促すことによって、個々の発達を支援しています。
東部保育園 <保育事業>
通常保育は6ヶ月~5歳までの保育に欠けるお子さまを対象に保育しています。
<なかよし広場(地域支援)事業>
毎月2回(第1・第3木曜日 10時~11時)保育園に通っていないお子さまを対象に園庭の解放をしたり、育児相談を受けています。
<一時預かり保育事業>
未就園児で保護者の就労・疾病や出産、結婚など緊急一時的事由・レスパイトなどで保育が必要となった場合ご利用いただけます。
  • TOPページへ

本ホームページに掲載の文章・画像写真などを無断で複製または利用することは法律上禁じられています

Copyright (C) 2008 NABARI-IKUSEIKAI. ALL Rights Reserved.